« 2月7日 | Main | 3月22日 »

3月15日

夫のタキソテールも二回目が終わり、お腹から15センチ程出ているチューブも詰まりなく順調。ただ、タキソテールの副作用、凄まじい倦怠感にギブアップ寸前。一回目より二回目のほうが辛そう。フェントステープというモルヒネ系のパッチを貼って24時間ガンの痛みをとる。それでも突発性の痛みが出てきたら、オキノームというレスキュー薬を飲む。最近フェントスの量も増やしたのに、痛みの波が大きく、オキノームを飲む回数も増えた。二回目のタキソテールが終わってからずっと辛い顔しか見ていない。笑顔なんてでてこない。昼間も辛そうな顔でずっと眠っている。夫は強い抗がん剤からトライしてきたので、身体に蓄積されているぶん、比較的副作用が弱いとされているタキソテールでも相当辛いのだと思う。吐き気があれば吐き気止めの薬を飲めばいい、頭痛が酷いならロキソニンを飲めばいい、ガンが痛いならオキノームを飲めばいいのに、夫はオキノームしか飲まない。様々な苦痛にただ耐えている。そんな姿を毎日見ていることに私の方が限界がきてしまった。「吐き気があればプリンペラン飲みなよ、頭痛いならロキソニン飲んでよ。そんなに辛いなら自分で緩和しようよ。私はあなたがそんなに辛い顔してるの耐えられない。もし、今の薬で効果が出なかったら、もう抗がん剤やめてもいいよ?」と言ってしまった。言ってしまったついでに泣き声も出してしまった。一番言っちゃいけないことと、やってはいけない事を同時にやってしまったわけである。すると夫は薬箱からプリンペランとロキソニン、オキノームを取り出して飲んだ。そして「抗がん剤やめて、他になにをするの?」と言った。私は「痛みや苦痛だけとる治療だよ」「大丈夫だよ、まだできるよ。まだ続ける」
いつまでこんな思いでいなければいけないのかな。夫にはいつまでも一緒にいてもらいたい、でも辛く苦しい思いだけで、もしものことがあるとしたら。頑張っても頑張っても、願いが叶わなかったとしたら、まだ気力のあるうちに緩和ケアに切り替えてあげなかったことを私は後悔するのかな。

|

« 2月7日 | Main | 3月22日 »

Comments

はじめまして!

1ケ月前進行胃がん手術をした夫を持つジュリアままと申します。
そして私も乳がん患者です・・・
初発は11年前ですが 昨年7月肺に多発転移し現在ホルモン剤で経過観察中です。 
夫は10日前退院しましたが未だ術後病理結果も知らされてておらず 今週木曜日の診察で判明すると思います。
術前でステージ3でしたので 願わくば夫婦でステージ4にならなければ良いけど~~~と懸念しております。

ご主人様の抗がん剤治療辛そうですね・・・
早く退院できますように!
夫も多分抗がん剤必須だと思い先々が心配で 毎日ネット徘徊しています。

Posted by: ジュリアまま | March 17, 2013 at 11:00 PM

コメントありがとうございます。自分たちだけがこんな目にあってしまうなんて、という気持ちになりますが、同じような境遇の方も、もちろんいらっしゃいますよね。ご主人、ステージダウンしていること、御祈り申し上げます。夫は術後8ヶ月で他臓器に遠隔転移しました。腹膜播種も含みます。腹膜播種が起こったということは、根治は絶望的と医師からはいわれました。癌は消えなくても、上手く共存していかなければならないと。最近は腹部大動脈に転移した癌のせいか、食べることが苦痛のようで、見ている私のほうが悲しくなってきます。抗がん剤も、もう4種類目。どうか、効いてくれることを願ってますが。ジュリアままさんも、ご主人のことご心配だと思いますが、ご自分のお体の事もご自愛ください。コメント、本当に嬉しかったです。ありがとうございます

Posted by: ジュリアまま様へ | March 21, 2013 at 10:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84969/56959993

Listed below are links to weblogs that reference 3月15日:

« 2月7日 | Main | 3月22日 »