« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

ご心配おかけしまして

本日、夫退院の運びとなりました。

各方面の方々には、色々とお迷惑、ご心配をおかけして、申し訳ございませんでした。

これからは、禁酒・禁煙を心がけ、生活習慣を見直し、健康的な生活を送れるよう、日々精進する所存でございます。…って! こりゃあ夫がいうべき台詞だろうがっ!

とにもかくにも、これからは自己管理がキモとなってきますので、しっかりしてもらわなければいけませんね。私だって禁煙するんだからさ。自分もしっかりやって欲しいよ。

入院は金がかかりまする。あんな古くて汚くて、サービスの悪い病院でも、一週間入院して115130円かかりました。なににそんなにお金がかかったんだ? 食事だって流動食で、普通のご飯になったのなんて、夕べからだよ。点滴だって、そんなに高価なもんじゃないっしょ。

ぼったくり…

いけない、いけない! そんなこと言っちゃダメダメ。

せっかく病気を治してくれたんだもんね。ありがとうございました、ってことにしなきゃだわねっ!!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

とりあえず、結果

今日、夫が再び内視鏡検査を行った。咽頭麻酔をかけて20分くらいの検査で終わる。

先生のお話によれば、今日の結果次第で退院できるはずだったが、まだヘモグロビンの数値が平常値に達していない(簡単に言えば貧血状態)ため、退院は見送りである。

そして、潰瘍は悪性ではなかった。が、まったくのシロというわけでもなく、今後要観察、とのこと。まじめに投薬治療と禁煙を実践していけば大丈夫だとは思われますが、どうなんでしょうか。

夫は今日、帰る気満々だったので、退院見送りに少なからずガッカリしたようである。

「早く帰らないと、もーにゃんがお父さんのこと忘れちゃうかも」

というのが帰りたい第一の理由だそうで、なんか複雑。妻や子供はどうでもいいらいい。

ま、何はともあれ、ただの胃潰瘍でよかったざんす。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

そして私…

旦那の潰瘍もさることながら、私の左半身がマズイ。

一週間くらい前に、風邪を引き、ちょこっと発熱した頃から左肩及び左肩甲骨、胸が痛かった。発熱による筋肉痛だろうと思ってたら、風邪が完治しても治らない。

医者に行こうと思ってたら、旦那の入院さわぎで行きそびれ、やっとさっき行ってきた。

「首から肩、すっごいかたいですねぇ、バリバリなんてもんじゃないっすよ」

と整骨院の先生。

「それって肩こりですか?」

と私。

「いや、今回のはたぶん寝違えだと思いますけど、もともと肩がすごい凝ってたんでしょうね。左が落ち着いたら、右もほぐしていきましょう」

「はい」

しかし、人に揉んでもらうのって気持ちいいもんです。あまりの気持ちよさに、

「先生、気持ちよくてヨダレが垂れそう」

と言ってしまった。

「いいすよ、どんどん垂らしちゃってください(笑)」

と言っていただきました。お恥ずかしいっす。

明日も行こうっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夫、入院

夫が入院した。今のところ病名は「出血性胃潰瘍」だそうだ。とりあえず、内視鏡検査で胃の内部を見て、出血箇所をクリップで止血した。潰瘍は細胞を採取して病理検査にまわした。これでこの潰瘍が良性か悪性かがわかるわけ。まだ結果はでていないので、前向きに良性だろうと考えておりまする。

夫が胃カメラを二回目に飲んだ日、私は学校の授業参観に行った。

クラスメートのお母さんに夫の病気のことを話したら

「あなたが旦那さんを苛めすぎてるんじゃないのぉ?」

ってな感じのことを冗談まじりに言われてしまった。まぁ、胃潰瘍ってのはストレスが原因の一つと良く言われているからね。

でも、この一言に、私はちよっと心が折れたね。このタイミングでこの一言は、ちょっとヘビーでしょ。

そして、夫は禁煙を余儀なくされました。ストレスもそうだけど、タバコも絶対ダメなのが胃潰瘍。今まで1日2箱半吸ってた夫には、かなりの苦行のようで、主治医の先生には

「タバコ、やめます」

なんて言ってたけど、私に内緒で隠し持ってたタバコを、病院の屋上で吸ってたのを発見した。夫一人だと禁煙は難しいだろうから、「私も一緒に禁煙するから頑張ろう」と言って励ましてた矢先だったので、喫煙を発見したときは怒るよりも悲しくなっちゃったよ。悲しくて、本気で涙が出ちゃったね。

「この人には、私の言葉が通じないんだな」

と思った瞬間、悔しくて情けなくて、目の前で泣いてやった。

女が泣くのを夫は嫌がるから、早々に帰ってやったら、2~3時間してメールが来た。

「さっきライター棄てました。もうタバコは吸いません」

だって。誰が信用するかっ、っての。 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

リアでポイ

「ポイしないでください!!」と叫んでたリア・ディゾン。妊娠して結婚したらしい。これからは明るい妊婦生活&楽しい新婚生活、果てには子育てが待っているのにこの発言。言いたくはないけど「はぁ?」っていうのが私の感想です。記者会見でも無愛想でちっともおめでたい雰囲気ではなかったぞ。なんだかこの妊娠は本意ではなかったかのような印象を受ける。「私はもっとお仕事して、遊んで、本命は押さえーの日本でガッツリ稼ぎまくっていたかったのに、ダーリンが失敗しちゃって、本当に困っちゃう」というような顔だった。しかし「ポイしないでください」とは何なんでしょうか。自分はまだまだ商品価値があるのよ、だから捨てないでね、という意味なんだろうけど、日本語下手なくせに、変なん日本語ばっかり覚えちゃって、誰が教えたんでしょうか?この発言を聞いて、なんだかムカついたのは私たけかしら?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あのぉ…

あのぉ…
そういう場所で熟睡されると、非常に邪魔クサいんだけど(-.-;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

腕まくら

腕まくら
チビに腕まくらされて寝ちゃった。もーにゃんは可愛いにゃあ(*v_v*)zzZ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チーズケーキでごさい

チーズケーキでごさい
食べかけで失礼。いや、自分で作って食べてみたら、意外と美味しくてさ。ついアップしてしまいました。レアチーズケーキブルーベリー味です。残ってたキリのクリームチーズ三個と、これまた残ってたヨーグルト、砂糖、ブルーベリーのジャムを混ぜ合わせ、湯で溶かしたゼラチンを一包の半量を加えて再び混ぜて冷やし固めたら出来上がり。自分で作ったと思えない程美味かった。今度はタルトに流し込んで作ってみよう(=^▽^=)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かわいい

かわいい
最近の猫缶のパッケージは超かわいい〜♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仲いいの?

仲いいの?
暇さえあればチビにじゃれるもーにゃん。チビは寛容だからされるがままだけど、ミケは大袈裟に嫌がるから鬱陶しい。まるで殺されるかのような大声を出して逃げ回る。あーにゃんに至っては、鼻息だけでもーにゃんを黙らせる。猫の性格も三人三様だにゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

緒形拳

実は私、緒形拳という俳優さんが大好きだった。武骨だけど、眼光鋭く、しかし笑顔がとても可愛らしい。この人が映画やドラマに出演されていると、主演がどんなにぺらっぺらな若手俳優でも、作品が引き締まり、とても印象深くなる。数々の名作に御出演されているが、私が一番好きだったのは、金曜ドラマ「愛はどうだ」の緒形拳である。玩具メーカーに勤めるサラリーマン、妻を数年前に亡くし、残された三人の娘達と暮らす一人の父親である。だからといって、決して優等生な父親ではなく、外には愛人もいる。しかも亡くなった妻の親友を愛人にしているのだから、なんともファンキーである。仕事もできて、女にモテて、誰よりも娘達を愛する父親。こんなカッコいいお父さんなら、私だったら一生嫁にもいかないだろうな、なんて思っていた。もうかれこれ十数年前の作品だ。DVDは出ているのかしら、と調べてはみたものの、出ているのはビデオだった。しかも私の行きつけのTSUTAYAには置いてない。だから、TBSに再放送希望のメールを送ってみた。そしたらお返事がきたのである。「今のところ予定はないが、再放送担当のものには確かに申し伝えました。」とのこと。ということで、ちょっと期待してしまう私なのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふぅ。

ふぅ。
最近、肌のたるみと重力の加減で一重だった瞼が二重になったりする。若い時には二重に憧れて、アイプチなんかしたりしたもんだ。しかし、真正の二重じゃないから何か不自然だった。今は何もしないで二重になってるけど、これは二重じゃなく弛みによるシワだから、さして嬉しくない。…っつーか悲しいよ。ふぅ…┐(´ー`)┌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あれ取って

あれ取って
窓の外の電線に止まってるカラスを凝視して、ミャウミャウ呟くもーにゃん。遠くで小さく羽ばたくカラスが獲物に見えてるらしい。いくら取ってくれと言われても無理だにゃヾ( ´ー`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »