« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

お節句

お節句
学校の紅梅、白梅も満開。桃の花はもう少し。毎年この時期はテレビ台がお雛様の指定席に変わる。なぜなら猫たちがお雛様のガラスケースの上に乗ってしまうから。ケース入りのお雛様にしたのは、猫たちに小物などをいたずらされない為だったんですが、ケース自体が壊されそうになるなんてね(><;)読みが甘かったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒い朝は

寒い朝は
石油ストーブの前が混雑する。特にもーにゃんは毛が短いので寒さひとしおらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こどもの世界

今日は学校から帰ると、一目散に公園へ遊びに行ってしまった娘。また泥だらけで帰ってくるなぁなんて思っていたら早いご帰還。しかもべそをかいている。

「なによ、何かあったの?」

「皆で鬼ごっこしてたんだけど、私が鬼のときばっかり、『一人狙いはダメなんだぞ!』って言って、誰も追いかけちゃいけなくなったの。鬼ごっこなのにぃ。いつまでたっても私が鬼でなくちゃならないのぉ」

だそうだ。いつまでもジメジメ泣いてるので、行く気はないが

「まだそいつら公園にいるんでしょ?お母さんが言って怒鳴ってきてやろうか?メンバーの名前言ってみろ」

「RちゃんとY君とH君とN君」

「じゃ、言ってくる」

「やめて~」

「何でじゃ」

「いいの、あいつらバカだから明日から口利かない。それでいいの」

ふぅ~ん、と思った。成長したもんですなぁ。

しかし、子供の世界とは日本の小豆相場より変動が激しい。きっと「バカな友達」とは明日になったら平気で遊ぶ約束をしてきそうだ。

あまりに酷い意地悪(暴力、言葉を含め)をされたときは私は相手の親にすぐいう。でも、くだらない、どーでもいいような意地悪はあまり立ち入るのはやめている。だってきりがないんだもん。だが、子供に対しては「いつでも味方だぞ」というポーズは取っておいたにこしたことはない。なぜなら、それだけで子供は安心するらしいので。ウチの旦那なんかは

「大丈夫だ、お前がいじめられたら、お父さんがその子のところにいって、後ろから殴ってやるからな!」(なぜ後ろからなのだ?)

などと言ってますが、口ばっかりです。そんな無駄な労力を旦那が使うわけがありません。でもその言葉に娘は安心しているようでした。

明日から「バカな友達」とはどうやって付き合っていくんでしょうか。

今後の成り行きが少し楽しみですなぁhappy02

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供からの手紙

本日、娘の学校で学年活動をいうのがありました。「親子で何かをして楽しもう」という主旨のもので、今回は「親子Deクッキング」みたいなものをしたんです。お題はロールケーキcake

学校で火を使ってはいけないらしくて、サンドイッチ用食パンにホイップした生クリームと刻んだフルーツを乗せて巻いて食べる、だけのものです。どちらかというとロールサンドイッチみたいな感じでした。私は食パンに生クリームという組み合わせが苦手なので、いまひとつ乗り気ではなかったんですが、子供らは楽しそうでした。そしておいしそうに食べてましたね。

話は変わりますが、先日子供達は、「自分の歴史を調べてみよう」的な授業が行われたそうで、学校から保護者へ、ひとつ宿題が出されました。「お子さんに手紙を書いてあげてください」ですって。毎日顔を見ては怒っているわが子に、今更手紙なんてねぇ。

「手紙って何を書けば良いのさ?」

「なんかねぇ、これからどういう人になってもらいたいとか、そういうことみたいよ」

「ふーん」

どんな人になってもらいたかねぇ…。色々悩みましたが、優しい人になってください、みたいなことを、私は書いて提出しました。そしたら、今日の学年活動の最後に、先生から一枚の紙をわたされました。

「これは、先日お母様方に書いていただいたお手紙の返事です。子供達が書きました。どうぞお受取ください」

読みましたよ。とてもシンプルな文章でした。

(いつもありがとう、プールとピアノがんばるね。勉強もがんばるね)

本当だな? よーし、この手紙はずっと冷蔵庫の扉に張っておきましょう。嘘ついたら針千本飲んでもらうよ。

で、ふと向かいの人を見ると、子供の手紙に涙している人発見! きっとすごく良いことがかいてあるんだろうな。なにが書いてあるんだろう? 知りたい! でもそんなに仲が良い人じゃないから聞けない。というか、子供の手紙で涙できない私は母親として何か欠落しているんじゃなかろうか、とふと不安になってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スタスタ

スタスタ
…と、効果音をつけたくなりますな。長いしっぽがピンピンです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今期のドラマ

ご要望に(誰からじゃ?)お応えして、今期のドラマの感想を一発eye

私のドラマスケジュールは、

月曜「薔薇のない花屋」、火曜「明日の喜多善男」、水曜「斉藤さん」、木曜「交渉人」「だいすき!」、金曜「エジソンの母」、土曜「1ポンドの福音」となってます。

この中で一番いいな、と思ってるのはやっぱ「薔薇のない花屋」ですわね。慎吾ちゃんの演技、というか台詞回しが、ちょっと鼻につく感じだけど、ま野島ドラマだからしょうがないかって思います。竹内結子は綺麗だなぁと思うんだけど、体の細さのわりに頭大きいんだなって思った。男心を揺さぶるというより母性が強い感じが受けるのか? 私が男だったら、竹内結子には惚れないと思うが、私が子供だったら、とても好きな大人になりそう。逆に「斉藤さん」の観月ありさは子供との距離感が上手くとれてなくて、やっぱりまだこの人には母親役は無理だ、とアピールしてしまった作品に思えます。「だいすき!」は母親が知的障害の役なんで、普通の親子とは違った親子の距離のとり方が新鮮かも。だから、見ていて共感はできない。でも面白いことは面白いんだけどね。意外と面白いのが「交渉人」かなぁ。米倉ってやっぱり綺麗。で、プロポーションが抜群に良い。ある男性が藤原紀香のスタイルをべた褒めしていたが、あの人はスタイルいいのに顔の輪郭で損をしてます。それはさておき、交渉人は今後の謎解きが面白そうです。「エジソンの母」を見てると、松下と坂井で、どうしても「ココリコ ミラクルタイプ」の嫌な女しかイメージできないんだけど、それはそれで面白いと思います。しかし、こんなにドラマばかり見ていてよいのか私は!?本当に最近は夜録画したものを昼間見るのに忙しいっす。あ、いや仕事もしてますよ。家のこともやってますよ。でも、これっくらいしか楽しみないんですもん。これが一番金のかからない楽しみです。

 ところで、最近近所のTUTAYAがコミックレンタルまで始めてくれちゃって、とてもうれしいです。今まで読みたかったものを片っ端から読みまくってます。これも私のひそかな楽しみかな。昼はドラマ、夜はマンガを読みふけっている私を見て、夫は微妙な顔してますがね。なんか、こう書くと引きこもりのオタクみたいっすねcat

| | Comments (0) | TrackBack (0)

約二倍

約二倍
チビともーにゃんのツーショット。顔の大きさが違い過ぎる。しかし、チビは不思議である。夕べも私は具合が悪く、ベッドでうなっていた。したらチビが、喉をグルグル言わせて私のそばに寄ってきて離れない。私が具合が悪くなるといつもそうだ。励ましてくれてるのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

洗礼

洗礼
ウチのコになると必ずされる、裏耳ear

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんと!

しばらくPCから更新していなかったので、今日知った。

ココログで絵文字が貼れるとは!

happy01heart04heart04

携帯から更新でも絵文字入れたいのに化けてしまうんだよね。残念down

| | Comments (0) | TrackBack (0)

羊水腐るで、バカ丸出しの幸田來未

謝ってますね、有名人がまた。

バカですね、ホントに。

羊水が腐るわけないじゃない。高齢出産のリスクとかを本当にわかってない非常識な人間の発言ですね。いい意味(どんな意味じゃ)で使った言葉、と本人は釈明しているようですが、この発言の端から端まで聞いて、普通の人なら、いい意味とは捉えないでしょう。私は常々、幸田來未のどこがいいのか分からなかった。今も分からない。どうみても関西の

「エロさを売りにしているが、オバちゃんトーク炸裂キャバクラで働いてるオネーチャン」

にしか見えなかった。そういうオネーチャンもカラオケに行くと妙に歌が上手かったりしますもんね。というか、そういう系の人は結構上手い。

しかし、自分がこれだけ世間でフューチャーされてるんだから、発言は慎重にすべきなんでしょうが、やっぱり地が出てしまったようですね。また、慎重にしなければならないポイントを読み間違えてるのでしょうか。この発言は、今不妊で、長期治療をしている女性の心臓をえぐるような、極めて下品で質の悪いブラックジョークです。自分以外の大多数の人間が、自分と同じ考えに賛同してくれると思うのは、かなりの奢りだと思います。彼女が今何歳なのかはわかりませんが、自分がもし不妊症で、なかなか子供を授かることができないまま、40歳になってしまったとしたら、どうなんでしょうか? 同じ言葉を他人から突きつけられたとき、どんな気持ちになるのでしょう。幸田來未はメディアの人なのだから、自分の発言の重さを知るべきです。

最近は自分のブログで謝罪してる方が多いですが、これはとても卑怯だと思います。

ブログで謝罪して、CM自粛して、79日もたてば、みんな許してくれて、忘れてくれると思ってんでしょうかね。

私としては、きっちり記者会見でもして、全国の35歳女性に謝罪するべきだと思いますが、いかがなもんでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »