« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

悲しいこと

なんというか、残念なことがわかりました。

それは、娘の学校でしかも同じクラスで、「イジメ」があったこと。イジメは女子数人に対し、男子1人で、男子がイジメられていたそうです。イジメに気づいたお母さんは、すぐに学校に報告したようです。

イジメの内容は、数人の女子が結託して、「○○(男子の名前)イジメごっこはじめよーぜ」と言い出し、始まるようです。

①多数で彼一人をとりかこみ、服をひっぱり破く。

②女子トイレに連れ込み閉じ込める。

③間違ったふりをしながら足をひっかけ転ばせる。

④蹴る。

⑤言葉の暴力「キモイ」「ウザイ」という言葉を毎日浴びせる。

⑥授業で使う教材を彼だけに配らない。

⑦押さえつけて急所蹴りを入れる。

などなど。

聞いているだけで悲しくなってきます。これが小学2年生女子が行っているなんて。

イジメメンバーの名前を聞くと、「あ、やっぱりな」と思う子達でした。普段から、言葉遣いが荒く、ウチの娘も、何かにつけてはイチャモンをつけられたり、一日中睨まれたり、ぶたれたり、物を取られたり(すぐに返してはくるのですが)していたので。その子たちの中の一人には「あなたのこと嫌い!」と何度も言われ、べそをかきながら帰ってきたので、私の場合はすぐにその子の親に会いに行き、事情を説明しました。そうしたらピタッと収まったのです。でも、ほとぼりが冷めた頃、また始まったので、今度は教師に訴えました。そうするとまた収まる。その後は何もないようですが、それは、娘が用心して、そのグループに近づかないよう、極力無視を決め込んだからだと思います。言ってみれば逃げの戦法。

しかし、今回の男子は、相手が女子ということもあり、限界まで我慢してしまったのです。親も、始めのうちは「女の子相手なんだから、ぜったにやり返してはいけないんだよ」と言い聞かせていたようですが、彼が体に痣を作ってかえってくる。教室保管の音楽バッグがなくなる。粘土を盗られる、などの状況を見て、「ん? これは危険だな」と感じたときは遅かったのです。かれの学校の連絡帳には、自分が話をしてもそれを信じてくれない教師の名前、虐めていた女子達の実名、されたこと、辛かったことが、まるで遺書のように書き連ねてありました。そして彼は学校に行くことを拒否したのです。

学校に相談したところ、「事実確認を早急に致します」といったきりなしのつぶて。たまりかねた親は区の教育委員会に相談。担当がついて動いてくれたものの、学校のガードが固く、進展はなし。証拠として提出して欲しい書類を学校が提出してくれないのだそうです。

教育委員会が動けば、電話をいれてくるが、動きが止まれば学校も沈黙するの繰り返しだそうで、こちらから電話をかけても副校長が校長に電話を取り次がないらしい。いつも「来客中だ」「電話中だ」と居留守らしき手をつかっているらしい。

女子たちに怪我をさせられたとき、親は「どんな状況で負った怪我なのか、状況説明をしてほしい」と学校の保健教師に聞いたところ「学校内で負った怪我なので、治療費1500円以上かかった場合は請求してください」と言うばかりだったそうです。どうやら、きちんとした報告書類の作成を怠っているか、内容を見せてると学校に不利になる内容の書類なのかもしれません。

イジメで自殺の事件などを見ると、学校はイジメの存在を否定していますが、まさか自分の娘が通っている学校の体質も同じものだったとは…、ショックです。

娘に「○○イジメごっこ」って言葉を聞いたことがあるか、と聞いたところ。「何度か聞いたことがある」と言っていました。しかし、担任はそんな言葉はクラスで存在しないと言っているそうです。となると、学校は加害者の保護者にイジメを報告したのか? ということになります。なぜ「○○イジメごっこ」という言葉が浮かび上がったのか? 

それは加害者の中の一人は謝りにきたことでわかりました。その保護者は夜の8時過ぎに大声で「○○です!子供と一緒に謝りにきました!!」と玄関先で叫び、顔を出すと謝罪しました。しかし、内容の差異が著しいため、きちんと子供からも話を聞きだしたところ「皆で○○イジメごっこをしよう、というとイジメが始まる」という言葉を加害者女子が発したのです。双方の保護者は驚きました、そして「そんなことはもう二度としてはいけないよ」と言い聞かせ、そのことをお互い先生に連絡帳に書いて報告しましょう、と言ったそうです。しかし、翌日一変して、謝罪した親は内容は書かず、「自分達は誤ったのだ」という主旨のものしか提出しなかったそうです。そして、その子供はその日一日彼を睨み続けたそうです。

けっきょく、親が親なのだ。だから子供がこんな屈折してしまう。こんな親に育てられて、ストレスを溜め込み他者をイジメて発散するのだ。そして快感をえることを覚える。

学校は子供に事情聴取を行うより、その保護者にカウンセリングを行ったほうが良い。といっても学校が正常ではないのだから、まずは学校がカウンセリングを受けたほうが良いのだろうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

mikeの好物

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14

人間の勝手な想像。でも、草系は結構何でも好き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そろそろ雨

降ってくれないと、困る。水が無くなるとなんかストレスが溜まる。

節水って嫌だよね。マイナスイオン思い切り浴びたいじゃん。

Photo_10

ところで、最近「王の男」を見た。イ・ジュンギ可愛い。…っつーか綺麗。だからイ・ジュンギつながりで「僕らのバレエ教習所」も見てみた。でもあまり良くなかった。

映画の予告で「初雪~ヴァージン・スノウ」を観て、観たくなりました。宮崎あおいは旬だしね。あの映画のイ・ジュンギは可愛かったから。私も京都の竹林でイ・ジュンギくんとデートしてみた~い。彼の綺麗な横顔見た後、旦那の顔見たら、つい

「何でおとうさんは美しくないんだろう」

と言ってしまった。もうすっかり自分は棚の上に上がっちゃってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨いずこ…

暑いーーーーーーーっっっ!

朝から暑いっす。ベランダに打ち水して、少しは涼しい風が入ってきたけど、

猫たちは思い切り体の表面積を広げて、風に当たりたい様子。しかし、よく伸びるね。

Photo_9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初タブレット

Photo_8 タブレットっつーものを購入した。

それに付いてた水彩ソフトでミケをトレースしてみた。

なかなか面白い。

…が、あまり上手くいかない。

練習しなくちゃダワ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏になると

なんかを育ててみたくなるんです。昨年は大葉でした。今年はプチトマトに挑戦ですわ。

Dsc02079

花が咲いたのでもう少しすれば収穫できそう。

Dsc02040 娘のBFのママがくださったコスモスのような菊。

Dsc02078 これはグレープフルーツの芽でごんす。よくあるよね、グレープフルーツ食べたら、発芽しかかった種がでてくること。しばらくプリンカップに脱脂綿敷いて、水栽培をし、根を伸ばしてからうえたんだけど、少しだけ成長してます。死んでません。昔、おばあちゃんが、私の従妹と果物を食べて、発芽した種を植えたら見事に育ったらしいけど、あれはなんの果物だったかしらね。枇杷か、グレープフルーツかアボカドか…?実がなったら嬉しいが、何年かかるかしら?…っつか育つのかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

それぞれ食べる。

Dsc02077jpg

ミケは考えてる。

Photo_3

とても丁寧にお願いしたりする。

Photo_4

早っ!

Photo_5

ワクワクしてるようです。

Photo_6

が、お気に召さなかったようだ。

Photo_7

食べてる時のチビの顔は怖い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »